• 「Office 2021」の一般提供は10月5日から ~「Windows 11」と同時リリース

    Windows/Mac向けの新しいLTSC版「Office」が一足先に正式公開

  • 「Windows 11」に関する情報まとめ

    ついにリリースされたWindows 11の記事を随時更新!





  • Interstellar Space Machine. 星間スペースマシーン!

    Magnetoは入力信号を予測不可能なサウンドに変化させ、音の世界を異次元の空間へ導いてくれます。複雑なハーモニック・レイヤーや生み出される複雑なリズムが、ステレオ・イメージの中に繰り広げられ…テープ・マシーンをモチーフにした音色と操作機能は、ビンテージ・テイストとレトロ・フューチャリスティックなソウルをあなたのユーロラックに吹き込みます。

    ◆テープ・ディレイ、ルーパー&more
    Magnetoは、ステレオ・マルチヘッド・テープ・ディレイの機能:ルーパー、フェイズ・サンプラー、ビンテージ・スプリング・リバーブ、フェイズ・クロック・マルチプライヤーに、オシレーター、zeroレイテンシー・サブオシレーターを加え、充実したCV I/Oを備えたパワフルで直感的なプレイに対応にするユーロラック型エフェクト・モジュールです。

    ◆ビンテージ・フィール
    ビンテージ・テープエコー・マシーンの複雑さとその魅力を執拗に研究し、忠実に再現しました。オーバードライブした時の非常に好まれる自然なサチュレーションや、テープのソフトクリッピング、テープの老朽化、シワ、機械的なワウフラッターなどをMagnetoは忠実に再現し、豊かなサウンドのマルチヘッド・ディレイに生命やフィーリングをも吹き込みます。

    ◆あなたのモジュラーを異次元のステージへ
    シンプルなモノ信号も複雑なオーケストレーションへ変貌できます。Magnetoのセルフ・オシレーションがそれを可能にします。そのサウンドは豊かなステレオ感を演出しながら、暖かくスウィートで、テープサウンドを彷彿させる微妙な歪みも楽しむことができます。Magnetoは小さなラックでありながら、表現力豊かな楽器へと生まれ変わることもできるのです。

    ◆Play It Like An Instrument.
    本機すべての機能、コントロール、ゲインステージ、信号パスのコンポーネントは、モジュラーの激しい即興ライブでも音楽的にスムーズに応えてくれます。さらに、素晴らしいサウンドのスプリング・リバーブがあなたのサウンドを新たなレベルへと導きます。

    【おもな機能と特徴】
    ◆テープ・サチュレーション
    Magnetoは、暖かく心地よいテープディレイサウンドを届けてくれるだけではありません。高いサチュレーションを生み出すことができるのです。REC LVL(レコードレベル)ノブを上げると高い信号が録音ヘッドに送られ、あなたが望むサチュレーションが得られます。より暖かな音はTAPE AGE(テープエイジ)を上げると加えることができます。さらに、SPRING(スプリングリバーブ)を加えると、モジュラーサウンドに美しい深みを追加することができます。

    ◆ピッチシフト・ディレイ
    Shiftモードに設定すると、各再生ヘッドの再生スピードを変えることによってリズミカルなピッチディレイが生まれます。ヘッド1は3倍速でオクターブアップと5th、ヘッド2は2倍速でオクターブアップ、ヘッド3は1/2倍速でオクターブダウン(深いベースサウンド)、ヘッド4はピッチシフトなしの4部音符のリピートをプレイします。SHIFTモードではメロディックでリズミック、大きく&深いサウンドが得られます。また、このモードでは、本機はレイテンシーのないパワフルなサブ オシレーターとしても使えます(ゲイト信号をRestart CV入力に入れて、ヘッド3とドライ信号をブレンドします)。

    ◆サウンド・オン・サウンド
    Magnetoには、LOOPモード(サウンド オン サウンド)があります。LOOPモードに入ると、従来のテープマシーンのようにMagnetoは信号を録音します。ヘッド4はルーパーの再生ヘッドで、ヘッド1?3は入力信号のディレイリピートを再生します。ループ(テープ)長は、TAPを一度押しスプライス“in”再度押しスプライス“out”で決めます。3度押すとテープの内容は消去されます。REPEATSは繰り返しの度合いを決めます。最長ループ長はSPEEDノブ最大で15秒、最小で2分です。

    ◆インフィニティー・エコー
    Magnetoはシンプルに他のモジュラーでプレイした信号を繰り返すこともできます。ECHO又はLOOPモードでは、∞ボタンを押して録音をストップし、ディレイやループを繰り返し再生します。∞を使いオシレーターとしても使用できます。

    ◆クロックアウト
    Magnetoの4ヘッドそれぞれにはCLK CV OUT(出力)があり、入力クロックやTap CV信号と同位相の出力が可能です。ECHOモードでの4ヘッドEVEN(均等)スペースの場合は、ヘッド1出力は4/1(16分音符)、ヘッド2出力は 2/1(8分音符)、ヘッド3出力は 3/4(付点8分音符)、ヘッド4出力は 1/1です。TRIPLETとSHIFTでは異なるヘッドスペースによるバリューが出力されます。

    ◆スクラビィング
    トランスポートのポーズが機能中、SPEEDノブがオーディオ スクラビィングツールとして動作します。スクラビィングバッファー内のオーディオ長は、SPEEDノブのポジションで決まります。最大ポジションで750m秒、最小ポジションで6秒です。

    ◆アナログ・ドライ・パス
    一般的なデジタルエフェクターは、ドライ信号もデジタル変換するためノイズレベルとレイテンシーが増加します。さらに、デジタルのドライとウェット信号を合わせる前に信号を低く整えるため、その後ゲインを上げて信号レベルを戻す時にノイズが増えます。このような問題から音質が低下しないように、Magnetoは独立したアナログ ドライ パス(信号経路)を設けています。この方式により、高いダイナミックレンジと低ノイズパフォーマンスを実現できました。

    ◆セルフ・オシレーター
    早いディレイタイムをタップインし、REPEATSノブを大きく上げるとMagnetoは発振を始めます。SPEED/PITCHノブ(又は1V/oct CV)のセッティングやLOW CUT&TAPE AGEノブのコントロールで放たれるトーンが決定されます。音色が決まったら∞を押します。PITCH QUONTIZE(ピッチ クォンタイズ)モードに切り替えてSPEEDノブを回すと、15パターンのスケールから設定されているスケールをプレイできます。

    ◆スプリング・リバーブ
    一部の古いテープエコーマシーンは、周波数特性を限定したメカニカルなスプリングタンクをリバーブとして使用していました。Magnetoはこのビンテージフィールを再現し、ディレイ信号と合わせて美しいサウンドを奏でることができます。このリバーブ回路のゲイン回路は、ハードにドライブすると砕けたローファイサウンドに、低めのコントロール設定ではゴージャスで美しくスペーシャスな空間を追加してくれます。

    ◆フレーズ・サンプラー
    TAPボタンで設定したループを録音するフレーズ・サンプラーの機能も含まれています。TAPボタンを一度押すとサンプルレコーディングを始め、再度押すとレコーディングをストップします。3度押すとサンプルメモリーはクリアになります。サンプルの再生はRESTARTボタンかRESTART CV入力で行います。SPEED又はSPEED CVで再生ピッチとスピードを決めることができます。

    ◆リバース
    ECHOモードでは、全テープの内容(ディレイタイム内)を逆再生することができます。この逆再生はSPEEDやPAUSEの操作を加えると、さらに幻覚的な効果が増します。LOOP、SAMPLEモードでは録音した長さだけが逆再生されます。再生中に新たな音を重ねることも可能です。

    ◆メカニカル・テープStop/Start効果
    MagnetoのPAUSEコントロールは、可変スピードのテープディレイの忠実な再現機能の一つです。その動きは、ポーズの際にスローダウンしながら止まり、ゆっくりスタートアップします。このスローダウン/スタートアップのスピードは、ユーザーコントロールが簡単にできます。(ヘッド4コントロールノブ)

    ◆ステレオ
    モジュラーが全てモノ出力セットアップであっても、MagnetoのLジャックへ入力すればステレオサウンドをお楽しみいただけます。本機は4ヘッドを備えており、それらをパンで左右に振ることができますし、パンモードでLRLR、LRRL、カスタマイズドセンターの選択もできます。全てのヘッドをセンターにしたサイコアコースティック効果も楽しめます。また、ワウフラッターやスプリングリバーブはステレオ効果を強調してくれます。

    ◆桁外れにパワフルなDSP
    我々は信じられないほどパワフルなアナログデバイス社のSHARC ADSP-21369プロセッサーを採用しています。2.4 GFLOPSのピーク性能を持つ366MHz SIMD SHARCのパフォーマンスが、妥協のないレベルで我々のdTapeアルゴリズを実行してくれています。

    【スペック】
    サウンドデザイン
    ・4つの再生ヘッドと1つの録音ヘッドを備えたテープボイシングのディレイを再現しました。
    ・高速演算を要するdTapeアルゴリズムにより、完成度の非常に高いビンテージ・テープエコー・システムを再現しました。
    ・3オペレーションモード:エコー、サウンド オン サウンド・ルーパー、フレーズサンプラー
    ・ダイナミックマシンメカニック機能を備えたバリスピード・アルゴリズムを開発(スピードレンジ 8:1)
    ・入力録音レベル設定により、クリーン?ファットなサチュレーションまで広く発生します。
    ・トーン生成が可能なセルフ・オシレーティング
    ・独立スプリングリバーブ

    コントロール
    ・テープマシーンの特性、メカのコンディションやトーンがコントロールできます。: LOW CUT、TAPE AGE、CRINKLE、WOW FLUTTER
    ・リアルタイムのパフォーマンスに欠かせないトランスポートコントロール(ボタン&CV入力)を備えています。
    ・各再生ヘッドのレベルコントロール
    ・各再生ヘッドのフィードバック(REPEATS:リピート)アサインが可能です。
    ・3種の異なるパンニィングオプションが選択できます。
    ・位相整列クロック出力(CLK OUT)CVと入力クロック同期

    レンジ
    ・最長ディレイ/ループタイム:15秒(最大SPEED)~2分(最小SPEED)
    ・最短ディレイタイム200マイクロ秒(最大SPEEDコントロール)
    ・CVレンジクロック:50ミリ秒~15秒
    ・タップボタンレンジ:50ミリ秒~15秒
    ・タップ CV レンジ:10ミリ秒~15秒

    オーディオ
    ・ノンコンバートDry信号とアナログパスを採用
    ・超高速演算素子SHARC DSPを採用
    ・S/N比 114dB
    ・サンプリングレイト 96kHz
    ・オーディオ入力インピーダンス:22 kΩ
    ・最大入力レベル:20 Vpp
    ・オーディオ出力インピーダンス:1 kΩ
    ・最大出力レベル:20 Vpp

    電源、その他
    ・+12V レール:210mA
    ・-12V レール:210mA
    ・+5V レール:0mA
    ・ラック幅:28hp
    ・ラック深:41mm
    ・USA製


    UD20180324

10月11日(月)

10月8日(金)

10月7日(木)

10月6日(水)